東京でゲーマーが週末林業を目指す

東京のゲーマーであるたかゆーが書く雑記ブログです。週末林業を目指して日々奮闘中。

だから森林を売って欲しい

こんにちは、たかゆーです。

現在、九州の各地で洪水被害や土砂災害が出ていますね。本記事ではタイトルの通り、記憶の整理も兼ねて「森林を売って欲しい」ので執筆しました。

埼玉県の山林

埼玉県の山林

洪水は河川の氾濫によって引き起こされるのが一般的です。河川の氾濫は雨量、上流ダムの貯水量、河川の容量、森林の貯水力と(その他)の相関です。雨量は変えられないので、河川を氾濫させないためには、ダムを造る。河川の容量を増やす。森林の貯水力を増やすことが考えられます。

また、土砂災害は簡単に説明すると雪崩のようなもので、多量の雨水が土に浸透することで、すべり層が形成され上層との摩擦が弱くなり発生します。特に日本では急斜面が多く、土砂崩れが発生しやすい国といえます。

そして、「洪水の被害も、土砂崩れも森林の機能低下が原因」として取り扱われることが多いです。僕もその意見には現時点で概ね賛同していますが、ここでいう「森林の機能」とはどういったものでしょうか。

これは森林にはえている1本1本の木が持つ貯水力と、地盤強化力のことと言えます。

まず、貯水力にフォーカスを当てましょう。木は水がないと生きられないので、夏と冬で違いはあれど水を含む性質があります。一般的には根の部分が貯水すると思われがちですが、実はそうではありません。木は根はもちろん、葉や幹も貯水する機能を持っています。特に樹高が高い木では、水を高い葉まで持ち上げるのは大変なので、高いところにある葉っぱは低い場所の葉っぱより貯水力が上がります。

次に、地盤強化力ですが、これは想像にた易いかもしれません。根っこが地面を支える力のことですね。こちらも樹齢が高い木であれば、(地盤の状況にもよりますが)より深くの岩に到達することで、より強固に地盤を支えることができます。

このような森林の機能が近年失われていると問題視されています。それは何故でしょうか?この疑問からは様々な課題が浮かび上がります。例えば、1, 放置された森林(放置林)が増えていることや、2, 山の木が全て切り取られてしまうこと(皆伐(かいばつ))、3, あるいは国産木材の需要が減少していることなどです。

この記事では特に「放置された森林が増えている」にフォーカスを当てます。放置された森林といっても、天然林は自然に代謝が行なわれるので、それほど問題ではありません。問題は杉などの人工林(人の手で木が植えられた森林)です。戦後の拡大造林の中で造られた人工林は木が密に植えられているので、手入れされていないと幹が細く根が張らなかったり、日光が地面に届かないため下部植生(木の根元に生える低い草木)が育たず表土が流れやすくなっています。

密な森林

密な森林

それでは放置された原因ごとに少し掘り下げてみましょう。

・放置された人工林が増えている

   →相続ができず放置された森林

      →親が森林を所有していることを知らない。

      →知っているが相続の仕組みが分からない。

      →どこが自分の所有林なのか分からない。

   →人手が足りず放置された森林

      →少子高齢化

      →若者の都市進出

      →産業としての魅力の(相対的な)低下

      →区分所有により森林が分散しており管理コストが高すぎる

   →文化的に放置された森林

 

このような課題があることがわかります。

実はこれらの課題を直接的に解決できる方法があります。それが森林を売ることなんです。森林を売ると、所有者は固定資産税を負担しなくて済みますし、森林の不動産流通が増えると、それだけ土地の集約化が進み、管理コストが下がるので、全体での効率が上がります。

森林が欲しい人は意外と多いです。例えば、地域の林業事業体やNPO法人、もちろん個人でも探している人はいます。林業事業体やNPO法人は買取以外にも、所有権は移さずに管理だけしてくれるところもありますし、地域ごとの気候や地形に合わせたノウハウがあるので所有者の事情に合わせた提案をくれることも珍しくありません。相談だけでもする価値はあると思います。

また、個人においても、最近は自伐型林業が増えてきたり、キャンプが流行ったりした影響で山林を所有したい人は増えています。そして僕もその一人です笑

まずは近くの不動産屋や、山林専門の不動産売買サイトなどで相談してみてはいかがでしょうか。

森は美しい

ひとりで悩まず、是非相談してみましょう

参考URL

山林バンク

https://sanrinbank.jp/

山林売買.net

http://www.sanrin.net/

森林.net

https://www.shin-rin.net/deskcheck